でんせつポケモンとシングルレート

ポケモンのシングルレート構築記事です。

サンムーンS2より砂パデビュー

どうもスズです、今回は軽い報告です。バシャや霊獣ボルト、そしてメガネテテフが流行ることを解禁前から予想してたので、今季は砂パを使ってみることにしました、一番の理由はクチートナイトが解禁されなかったからという理由ですね。

f:id:winday77:20170214175045j:image

ついこの前2000いったので軽い報告です。

ウインディフシギバナという僕が好きなポケモンの2トップがパーティに入ってるし、基本戦術も安定しててかなり好きなパーティになりました。

S2で砂パ使って見て、スカーフゲッコウガやめざ氷バシャ、格闘Zレボルト、Sブーストフェローチェなんかをよく見て、砂パ対策されてるなと砂パを使って実感しました。

S2が終わり次第、構築記事、気が向いたらQR公開しようかなと思ってるのでよろしくです。

ポケモンサンムーンシングルレートS1 そしてでんせつへ

どうも、最後の2000チャレンジで、ウインディ3タテか?と思ったらおにびよけられ、最終2000の厳しさを痛感したTNプイグのスズです。

バンク解禁されると、浮いてるおっさん達や、鋼複合炎のゴキブリ、万能家電などが環境に帰ってくるため、ウツロウインディ構築はSI限りのでんせつの構築になると思います。それなりに自分でも結果残せた構築ですので、1通りまとめますと

 

f:id:winday77:20161211173047j:plain

残ってる画像がこれしかないですが、最高2030でした、もっと上行けたかもですが実力不足が露骨にでてしまいましたね。

 

f:id:winday77:20161211164457g:plain

f:id:winday77:20161211165111j:plain

f:id:winday77:20161211165858g:plain

f:id:winday77:20161211170226g:plain

 

この四体は型が変わっていないうえ、最初の記事にて紹介してるので省略させていただきます。ほぼ不動と言ってもいい4体でした。(マンダは稀にギャラになったり)最初の構築でツラかったサザンやアシレーヌなどに強くするため、残り2体をいろいろためした結果

f:id:winday77:20170117123843g:plain

ハッサム/ハッサムナイト

意地っ張り/H252/D252/A4

バレットパンチ/剣の舞/ぶん回す/とんぼがえりor瓦割り

f:id:winday77:20170117124353j:plain

ミミッキュ/ゴーストZ

意地っ張り/A252/S252/H4

じゃれつく/シャドークロー/かげうち/剣の舞

ステロまいて舞ってゴリ押す裏構築ですね、一応このパーティで立て直して、2028までいきました。2030いったのは最初の記事で紹介したパーティです。

主にサザングロスや、バレパンの通りがいいとき、向こうに受けポケが少ないときに選出します、多少ゲンガーにも強いですし、牽制にもなってますね。

他にも、HBイカサマワルビアルや、わだつみアシレーヌ、HBトリトドンギャラドスとジャラランガの龍舞コンビなど色々ためしたので、聞きたいことがあれば、いつでもこたえます、おしゃべり好きですのでね。

最後2000で終われず、最終が1850くらいで終わってしまいすみません、寝落ちしてしまいました。その前日に1990までいき、2034の方と当たったのですが、お互いラス1で、体力満タンのウインディと4割削れているチョッキマンムーとの対面でおにび外れて負けて、そこから9連敗しました。まだ2000で終わるにはいろいろ足りてませんということでしょうね。

来シーズンこそ2000以上で終われるよう、そして2100目指して楽しんでいきたいと思います。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

ポケモンサンムーンシングルレートS1 どくびしパの考察

どうも、すっかりどくびしウツロイドの人と化したTNプイグのスズです。レート2000を超えてから壁構築なるものにチャレンジした結果、レート300とかしてしまい、結局新たなどくびしパを作ろうと開き直りました。

そこで、どくびしパについて色々考察してみたので、再び記事を書いてみました。

ホントのことを言うと2000突破の記事が好評で嬉しかったというのが本音です。

先に言っておきますが、どくびしパ使うのは7世代が初なので、あくまで7世代のS1について話を進めていきます。

まず、どくびしパを作るにあたっていくつかポイントをまとめると

1.どくびしをまいた後、しっかり受けれるポケモンがいるか。

2.どくが刺さらない場合の裏はとれているか

3.どくが入らないポケモンをどれだけスムーズに対処できるか

この3つだと思います。

1.の受けポケに関して真っ先に思い浮かぶのは、

f:id:winday77:20161229095900g:plain

まあコイツですよね。先制でみがわりはれるポケモンですし、弱点も少ない。

ですが、コイツのせいで少し勘違いしがちなのが、どくびしパの受けはどれだけ上取ってみがわり貼れるかでなく、どれだけうまくみがわりを残せるかだと思います。

それを考慮してS1で使えるポケモンで例をあげると

カプ・コケコ

テッカグヤ

ギルガルド

サザンドラ

ウインディ

エルフーン

クレッフィ

このあたりかなと思います。

2に関しては、毒が刺さらない場合というのは、ほぼ浮いてるか鋼と毒のパーティーとかのときですね。今で言うべトンマンダのようなときです。このあたりは、裏に浮いてるポケモン、鋼と毒に強いポケモンがいれば、毒させなくても、押していけます。例をあげるなら

ボーマンダ

ハッサム

ミミッキュ

ポリゴン2

ガブリアス

ギルガルド

ギャラドス

ワルビアル

ドサイドン

このあたりのポケモンをうまくサポートできれば毒刺さらなくても大丈夫そうです。裏を積み構築とかにするなどですね。

3.はどくびし戦法をとったさい、毒入らないポケモンが来てしまった場合の処理ですね。毒びし要員+受け要員+この処理要員というのが、どくびしパの基本選出になるでしょう。

ここで一つ思うのが、受け要員でも浮いてるポケモンや毒や鋼を倒せないか、ということです。このS1では鋼が多く、ぼくがどくびしパ使いはじめたときは、テッカグヤとギルガルドの天下だったため、そのへんに強いポケモンで受けをという考えでウインディを採用しました、ただ好きだからという理由では無かったのです。

そしてどくびし要員にウツロイドを置くことにより、飛行には痛すぎるステルスロックまでまけてしまうのですよ。

これにより、僕はウツロウインディという並びのどくびしパをつかいました。

今どくびしを使えるのが

ウツロイド、ドヒドイデ、パルシェン

の3体です。この三体それぞれ違った強みがあるため、どれが一番いいとは言えません。ただ初手にどくびしをまくうえで、一番初手に来やすいポケモンがコケコの場合はウツロイド、マンムーの場合はパルシェン、と思っているので、ドヒドイデはいまいち動きづらいかなと思います。ウツロとパルは、スキさえあれば全抜きも狙えますしね。

最後にどくびしパの利点について少し話させていただきます。

まず一つは、Mr.運ゲーオニゴーリや、ZテクポリZなど、能力上昇させて全抜き狙いにくるポケモンを身代わりはって倒せること。

次に殴られるのが身代わりなので、急所や追加効果に怯える必要が少ないこと。

この2つですね。それでもゴーリやポリZに負けることも稀にありますし、追加効果や急所で泣くこともありますが、それもまたポケモン、気楽にいこうぜ。

f:id:winday77:20161229111537j:plain

新どくびしパは、いろいろ試した結果上の画像のパーティが一応2013までいきました。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

ポケモンサンムーン シングルレートS1 2000突破構築 追記

TNプイグことスズです。これの前日に書いたのが初の構築記事だったため、文章足らずな点が多くあったかなと思い、追記させていただきます。ですからこれから、前回の記事に目を通されたこと前提で話を進めていきます。

 

まず、ポケモン達の特性についてですが

ウインディ/ いかく

ウツロイド/ビーストブースト

ポリゴン2/ダウンロード

カプ・テテフ/サイコメイカー

ボーマンダ/いかく→メガ後スカイスキン

ギルガルド/バトルスイッチ

 

となります。ポリゴン2は火力欲しさとグロスみるためにダウンロードにしました。他は言うことなしでしょう。

 

次に主要ポケモンについての対策を紹介します。

まず、使用率トップのガブリアスはウツロイド、ウインディ以外ならぶっちゃけ大抵狩れます。後出し安定するのがポリ2でドラゴンZ以外なら楽に勝てます。

 

使用率2位のカプ・コケコですが、ほぼ初手にでてくるので、ウツロで毒を撒き、ポルチェンでひくので毒が入った後ならウインディ以外のポケモンで普通に狩れます。めいそう羽休め型が少しツライかなと言った感じですね。

次にカプ・テテフですが、初手ならウツロでヘド爆うち、それ以外はガルドで狩ります。テテフいるだけでガルド選出するくらい対策必須ですね。基本ポリ2もキネシスで確2なので重いと言えば重いです。

 

マスコット兼ガチポケのミミッキュは、毒下ならウインディでみがまもや、ポリ2で対策し、毒下でなければ、普通に殴るか、ウインディでおにびまきます。こいつがZ技持ってることも多いのでそこが厄介ですね。化けの皮もはがさず倒れて行ったミミッキュもそこそこいました。

 

上位勢対策必須のギルガルドですがどの型でも、ウインディで狩れます。ガルドとテッカを見た瞬間ウインディは選出するうえ、テテフやマンダ、ポリ2に強いこの二匹は大抵選出されるので、ウインディの仕事が増えます。ウツロに後出しされた場合はウツロを切ってウインディ出して、こっちもみがわりで毒をスカすという形で対策してますが、ぶっちゃけ択が多く発生するのでなかなか難しいところです。

剣の舞ガルドはおにびいれてみがわり、その他のガルドはシールドフォルムの時守るをして、ブレードフォルムのときおにびうつといった形です。ガルドはほぼほぼどくまもだったですね。型はウツロの犠牲によってわかるのでそこはチームプレーですね。2番打者ウツロイド。

 

ボーマンダギャラドスウインディと対面した場合ほぼ確実に舞ってくるので、おにびいれてポリ2にひくと安定しましたね。確かに高火力アタッカーがツライ時もありましたが、ポリ2とウインディのおにびとウツロのステロのおかげでそんなにキツくなかったですね。

 

メタグロスサザンドラ辺りは正直重かったです。一応グロスはポリ2かウインディ、マンダあたりで狩れますが、サザンはメガネならテテフでしか狩れないのであんまいなくて助かりましたね。サザンはぼくがorasで2000突破した時メガネで使っていました、今もフェアリー増えたとはいえ、ガルドにかなり強いからこれからもっと増えそうですね。

 

キュウコンポリZの並びでは、まずどくびしをまき、アンコールされてもまたどくびしをまいて、ウインディにひきます。そして零度が無いのと当たらないのを祈りながらほうしゃをうち、ポリZがきたら即みがわりをはって毒で削り倒します。この並びめちゃくちゃ強いですが、キュウコンが零度無ければ割と安定して勝てました。

 

マンムーに関しては地割れ持ちチョッキ型がきつかったですね。ウツロで毒まいて、ポリ2かテテフで倒すという形だったのですが、チョッキだと地割れ連打されて詰むため、インファありますよヅラでウインディだして引いてもらうしかなかったですね。引いてくれれば毒で倒せますし。

でもあんま初手に来られるイメージは無かったですね。どちらかと言えばコケコなどの電気タイプがボルチェンしてくる感じなので。マンダ、マンムー、コケコ、通称マンマンコの並びはマンムーに毒入れば勝ちかなといった感じでした。

 

テッカグヤとポリ2は前記で重点的に解説したため省略させていただきます。

 

カプ・レヒレはどくどくは入らなくてもどくびしは入るのでウインディやマンダでも狩れます。どくびしも通さないとかだったら辛くなってたのでそこは助かりましたね。順番がどくびし→ミストフィールドだったので突破は難しく無かったのですが、Zリフレッシュ持ってたら終わりでした。

 

6世代最強のメガガルーラですが、正直いても特殊型だろうとか思っていたのに物理だらけで少し戸惑いましたが、ウインディでおにびまいたり、ポリ2で受けきれたりとそんなに対処に困りませんでしたね。ホント弱体化されて助かったです。

 

ガラガラはぼくのパーティに出してくることがほとんど無かったのですが、骨ブーメラン持ちの特殊にかなり振ってるガラガラの場合キツイなと思いました。まあ、来ないんですがね。

 

カプ・ブルルも来ません、ウツロウインディで狩れるため来ません。来てもウツロウインディは八割方選出してるため来ても狩れます。

 

雨パはポリ2とガルドで押し切るしか無かったですね、ゴーストZ技でキングドラ倒した後に出てくるハッサムはムリでした。だから前記で雨パのハッサムがツライと。ペリグドラコケコとかならなんとでもなったのですがね。

 

デンジュモクはどくびしさえ撒かれていれば、ウインディでみがまもしてましたね。Z催眠は強いけど当たる気がしないのでマネできないですね。あんま多くなくて助かってます。

 

前記で記した重いポケモン達はほぼマンダかガルド任せです。ベトンとジバコが重いのでマンダを地震にしたのでその分仕事増えましたね。

 

基本選出はウツロウインディ+1といった形で選出してますが、明らかに毒刺さらない場合はウツロをきり、ガルドもテッカグヤもいない場合はウインディをきるといった感じですね。ウツロでステロまき、テテフで全抜き狙うといった形のゴリ押し戦法もあるのでその辺りも含めて相手のパーティ次第でした。

1番多かったのが、ウツロイド、ウインディ、ポリ2の選出ですね。相手に積みアタッカーがいなさそうな場合、+1のとこがマンダになったりします。ウツロウインディのこの戦法が環境に刺さっていたため、2013までの30戦を見たら25勝5敗というすごい安定した勝ちを築けたのでホント強いです。

上位勢にはだいたい型バレしてるので隠してても仕方ないかなという感じで記事にさせていただきました。個人的に、これでウインディが流行ったら嬉しいかなとか思います。

 

追記なのに長々と書いてしまいました。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

 

ポケモンサンムーンシングルレートS1 2000突破構築 どくびしパ

はじめまして、TNプイグという名前でポケモンムーンプレイしているスズと言います。

今回シングルレート2000突破いたしましたので、ちょっと変わったパーティーだったため、記事を書きたいなと思い開設しました。ぶっちゃけ記事書くの初めてです。では、早速パーティー紹介していきます。

f:id:winday77:20161211163707j:plain

 

続いて個々の型を紹介します。

f:id:winday77:20161211164457g:plain

ウインディ/たべのこし

臆病 H252 D4 S252

かえんほうしゃ/おにび/みがわり/まもる

 

f:id:winday77:20161211165111j:plain

ウツロイド/きあいのタスキ

臆病 H4 C252 S252

ヘドロばくだん/パワージェム

ステルスロック/どくびし

 

f:id:winday77:20161211165439p:plain

カプ・テテフ/こだわりスカーフ

控え目 H4 C252 S252

サイコキネシス/ムーンフォース/10まんボルト/シャドーボール

 

f:id:winday77:20161211165858g:plain

ポリゴン2/しんかのきせき

控えめ H252 B 252 D4

れいとうビーム/10まんボルト/シャドーボール/じこさいせい

 

f:id:winday77:20161211170226g:plain

ボーマンダ/ボーマンダナイト

陽気 H164 A4 B60 D30 S252

すてみタックル/はねやすめ/みがわり/じしんorどくどく

 

f:id:winday77:20161211171315g:plain

ギルガルド/ゴーストZ

冷静 H252 B36 C216 D4

シャドーボール/ラスターカノン/かげうち/キングシールド

 

以上の6体の他、2つほどパーティーでも潜っていましたが、このパーティーがメインでしたので、このパーティのみ紹介します。

 

f:id:winday77:20161211173047j:plain

それでは主な戦術についてですが、主にウツロイドでどくびしまいて、ウインディでみがまもするという単純な戦術です。S1は使えるポケモンが少なく、鋼タイプがかなり暴れているため、そうだ、どくびしをまこうという考えになりました。

鋼が多いのにどくびし?頭大丈夫か?とお考えの方いると思いますが、そこを今から説明いたします。

僕のパーティーは、電気のとおりがいいため、大抵初手にコケコがきます。たいして僕は7割型、初手ウツロイドなので出し勝ちしますので、早速1の地雷どくびしをまいていきます。ボルトチェンジで交替してくるテッカグヤギルガルドに安定して勝てる最速ウインディを状況に応じて後出し、死に出しします。テッカグヤは、じしん持ってなければウインディのみがわりを壊せず、いかくとおにびが入ればじしんでも壊れなくなります。ポリ2もDLでCが上がらなければ、身代わりほぼ壊されずに済むため、どくさえまかれていれば、勝てます。

つまり、毒下のウインディが環境に刺さると考えての構築です。ウインディで対処しずらく、毒入らないマンダやギャラはポリ2やテテフでなんとかします。

正直、超火力アタッカーより安定した受けポケのほうが崩すの難しいので、アタッカー対策は少し雑です。ポリ2テッカの並びを崩すことを最優先に考えての構築です。

このパーティーで重いのが、毒を消され、マンダでしか突破できないベトベトン、みがわり貫通水技のアシレーヌ、免疫肥満カビゴン、毒刺さらないでんきジバコイル、減ったけど前世代最強の一角ゲンガーとかですね。あとハッサム入り雨パとかもきつかったですね。

最後に、この構築を使ってみての感想ですが、使ってて楽しかったですね。一番好きなポケモンウインディなので、毒まいてウインディで3タテとかよくあったので好きなポケモンが活躍すると楽しくなります。試合時間が長くなりがちなのが少しネックでした。ニコニコ動画ポケモン実況している、かばやきさんの動画パート15の対戦相手としてこのパーティーで戦っているので、そちらもご覧いただけると嬉しいです。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。