でんせつポケモンとシングルレート

ポケモンのシングルレート構築記事です。

ポケモンサンムーン シングルレートS1 2000突破構築 追記

TNプイグことスズです。これの前日に書いたのが初の構築記事だったため、文章足らずな点が多くあったかなと思い、追記させていただきます。ですからこれから、前回の記事に目を通されたこと前提で話を進めていきます。

 

まず、ポケモン達の特性についてですが

ウインディ/ いかく

ウツロイド/ビーストブースト

ポリゴン2/ダウンロード

カプ・テテフ/サイコメイカー

ボーマンダ/いかく→メガ後スカイスキン

ギルガルド/バトルスイッチ

 

となります。ポリゴン2は火力欲しさとグロスみるためにダウンロードにしました。他は言うことなしでしょう。

 

次に主要ポケモンについての対策を紹介します。

まず、使用率トップのガブリアスはウツロイド、ウインディ以外ならぶっちゃけ大抵狩れます。後出し安定するのがポリ2でドラゴンZ以外なら楽に勝てます。

 

使用率2位のカプ・コケコですが、ほぼ初手にでてくるので、ウツロで毒を撒き、ポルチェンでひくので毒が入った後ならウインディ以外のポケモンで普通に狩れます。めいそう羽休め型が少しツライかなと言った感じですね。

次にカプ・テテフですが、初手ならウツロでヘド爆うち、それ以外はガルドで狩ります。テテフいるだけでガルド選出するくらい対策必須ですね。基本ポリ2もキネシスで確2なので重いと言えば重いです。

 

マスコット兼ガチポケのミミッキュは、毒下ならウインディでみがまもや、ポリ2で対策し、毒下でなければ、普通に殴るか、ウインディでおにびまきます。こいつがZ技持ってることも多いのでそこが厄介ですね。化けの皮もはがさず倒れて行ったミミッキュもそこそこいました。

 

上位勢対策必須のギルガルドですがどの型でも、ウインディで狩れます。ガルドとテッカを見た瞬間ウインディは選出するうえ、テテフやマンダ、ポリ2に強いこの二匹は大抵選出されるので、ウインディの仕事が増えます。ウツロに後出しされた場合はウツロを切ってウインディ出して、こっちもみがわりで毒をスカすという形で対策してますが、ぶっちゃけ択が多く発生するのでなかなか難しいところです。

剣の舞ガルドはおにびいれてみがわり、その他のガルドはシールドフォルムの時守るをして、ブレードフォルムのときおにびうつといった形です。ガルドはほぼほぼどくまもだったですね。型はウツロの犠牲によってわかるのでそこはチームプレーですね。2番打者ウツロイド。

 

ボーマンダギャラドスウインディと対面した場合ほぼ確実に舞ってくるので、おにびいれてポリ2にひくと安定しましたね。確かに高火力アタッカーがツライ時もありましたが、ポリ2とウインディのおにびとウツロのステロのおかげでそんなにキツくなかったですね。

 

メタグロスサザンドラ辺りは正直重かったです。一応グロスはポリ2かウインディ、マンダあたりで狩れますが、サザンはメガネならテテフでしか狩れないのであんまいなくて助かりましたね。サザンはぼくがorasで2000突破した時メガネで使っていました、今もフェアリー増えたとはいえ、ガルドにかなり強いからこれからもっと増えそうですね。

 

キュウコンポリZの並びでは、まずどくびしをまき、アンコールされてもまたどくびしをまいて、ウインディにひきます。そして零度が無いのと当たらないのを祈りながらほうしゃをうち、ポリZがきたら即みがわりをはって毒で削り倒します。この並びめちゃくちゃ強いですが、キュウコンが零度無ければ割と安定して勝てました。

 

マンムーに関しては地割れ持ちチョッキ型がきつかったですね。ウツロで毒まいて、ポリ2かテテフで倒すという形だったのですが、チョッキだと地割れ連打されて詰むため、インファありますよヅラでウインディだして引いてもらうしかなかったですね。引いてくれれば毒で倒せますし。

でもあんま初手に来られるイメージは無かったですね。どちらかと言えばコケコなどの電気タイプがボルチェンしてくる感じなので。マンダ、マンムー、コケコ、通称マンマンコの並びはマンムーに毒入れば勝ちかなといった感じでした。

 

テッカグヤとポリ2は前記で重点的に解説したため省略させていただきます。

 

カプ・レヒレはどくどくは入らなくてもどくびしは入るのでウインディやマンダでも狩れます。どくびしも通さないとかだったら辛くなってたのでそこは助かりましたね。順番がどくびし→ミストフィールドだったので突破は難しく無かったのですが、Zリフレッシュ持ってたら終わりでした。

 

6世代最強のメガガルーラですが、正直いても特殊型だろうとか思っていたのに物理だらけで少し戸惑いましたが、ウインディでおにびまいたり、ポリ2で受けきれたりとそんなに対処に困りませんでしたね。ホント弱体化されて助かったです。

 

ガラガラはぼくのパーティに出してくることがほとんど無かったのですが、骨ブーメラン持ちの特殊にかなり振ってるガラガラの場合キツイなと思いました。まあ、来ないんですがね。

 

カプ・ブルルも来ません、ウツロウインディで狩れるため来ません。来てもウツロウインディは八割方選出してるため来ても狩れます。

 

雨パはポリ2とガルドで押し切るしか無かったですね、ゴーストZ技でキングドラ倒した後に出てくるハッサムはムリでした。だから前記で雨パのハッサムがツライと。ペリグドラコケコとかならなんとでもなったのですがね。

 

デンジュモクはどくびしさえ撒かれていれば、ウインディでみがまもしてましたね。Z催眠は強いけど当たる気がしないのでマネできないですね。あんま多くなくて助かってます。

 

前記で記した重いポケモン達はほぼマンダかガルド任せです。ベトンとジバコが重いのでマンダを地震にしたのでその分仕事増えましたね。

 

基本選出はウツロウインディ+1といった形で選出してますが、明らかに毒刺さらない場合はウツロをきり、ガルドもテッカグヤもいない場合はウインディをきるといった感じですね。ウツロでステロまき、テテフで全抜き狙うといった形のゴリ押し戦法もあるのでその辺りも含めて相手のパーティ次第でした。

1番多かったのが、ウツロイド、ウインディ、ポリ2の選出ですね。相手に積みアタッカーがいなさそうな場合、+1のとこがマンダになったりします。ウツロウインディのこの戦法が環境に刺さっていたため、2013までの30戦を見たら25勝5敗というすごい安定した勝ちを築けたのでホント強いです。

上位勢にはだいたい型バレしてるので隠してても仕方ないかなという感じで記事にさせていただきました。個人的に、これでウインディが流行ったら嬉しいかなとか思います。

 

追記なのに長々と書いてしまいました。

ここまで読んでくださりありがとうございます。