でんせつポケモンとシングルレート

ポケモンのシングルレート構築記事です。

真皇杯本戦オフレポ

5/18に行われた真皇杯関東予選で準優勝という人生のピークのような成績を収め見事に真皇杯本戦進出を決めたため、7/15に行われた真皇杯本戦に参加させていただいたので、そのオフレポになります。

f:id:winday77:20180715234814j:image

7/15朝、前夜飲みではしゃぎすぎた身体をレッドブルで叩き起こし出発。

そして目的地の大山駅の会場に着く。

だがしかし、真皇杯の文字が一つも無く、ここじゃ無くね?感。

それもそのはず僕が行ったのはグリーンホールで会場は文化会館だった、見事な択負け。

だが僕と同じでグリーンホールに来ている2人を発見し、真皇杯ですか?と声かけられ、その2人と色々話すうちに文化会館だと気づき移動。ちなみにこの2人は北海道予選の通過者、てぃーぽっとくんときたにーくんだった、僕は違った方向にコミュニケーション能力が欠如しているため、二言目にはタメ口になってしまったが、気にしない2人で助かった。

そして3人で裏口エレベーターから会場へ入場。なぜ裏口かというとそこが正門だと思ったから。

会場には、しばえんさんやクゥリさん、しゅしゅくんなど見知った顔が多数いて、電車の中とか緊張ヤバかったが話ししてたら安心した。みんなあったけえよ。

会場入りし、知ってる人に色々話して回ろうかとウロウロしたりしたが、そんなに知り合いがいなく、オフ出て間も無いころのようにはじめてみる人達に声かけて回ることにした。

関東代表のスズです、よろしくです〜

あ、ウインディの!!!

これほんと嬉しいよ、ありがとうございます、そしてありがとう相棒これからもよろしく。

九州や関西、北海道いろんなところから真皇になるため集まってきた男達と話せるんだ、楽しくないわけがなく、FF外でもすぐ仲良くなれるポケモンの輪ってすげえ。

そしてなんやかんやで開会式が始まり、抽選がスタート。最初に関東代表が呼ばれ一位〜五位の順で引くことに。

最初にヒマラヤさんがアーカラブロックを引き、僕の番で引く直前とすT君が、全員同じところなったりして〜とか後ろで言ってて、鼻で笑いながら引いた僕のカードは

アーカラブロック

いや、マジでそういうのいらんて、とすTいやマジでこれマジなやつ。

追い打ちに三位のコアトルさんまでアーカラを引くしまつ、イかれてやがる。

とまあ、なんやかんやでアーカラブロックのメンツが揃い、ついに本戦がスタート

f:id:winday77:20180716001143j:image

写真は同じブロックのヒマラヤさんのツイッターからとってきました。

使用構築はこちら

http://winday77.hatenablog.com/entry/2018/07/15/154617

僕の最初の相手は前日のラスチャレ優勝者のしずくさん

スズvsしずく

ウインディ       リザードン

メタグロス       カプ・コケコ

ポリゴン2        ポリゴン2  

しずく勝利

メタグロスが放電で麻痺らなければって形でしたね、うーん幸先が悪いが初手ウインディの龍ZがリザXに突き刺さり内心ウキウキだった。

次は関東予選の覇者ヒマラヤさん

 彼とのオフ対戦通算成績は0-2でニガテ意識

スズvsヒマラヤ

メタグロス    カプ・コケコ

ゲンガー        ツボツボ

ウインディ    カミツルギ

スズ勝利

ツボツボを怯ませ、カミツルギを急所にこおりとさっきの運はなんだったんだ現象。

どんな形であれ、関東予選のリベンジは果たせたし、それもまた一興。

ここでお昼休憩に。

f:id:winday77:20180716001916j:image

サブローカップで我らがマジックミラー号親衛隊が行ったラーメン屋へ。るあなさんとよけろナッパとともに食べました。このつけ麺がうまいんだこれ、詳しくは十六茶のGWオフレポへ。

そして午後、残るは5戦

最初の相手は九州から来たじおらまくん。なんか開会式前FF外ながら適当に話してて仲良くなって話ししてたが、なんとFF外にもかかわらず、レートで3回ほど当たったとのこと、覚えてくれるの嬉しいよね。

スズvsじおらま

ゲンガー     ギルガルド

ポリゴン2    グライオン

ウインディ   ウルガモス

じおらま勝利

今季の最高レート抜かれてるだけあってめちゃくちゃ強く、特にグライオンのPP、HP管理がうまかった、完敗の一言につきる。強いて言うなら、ボルトだったなあ。

次の相手はこれまた開会式前にじおらまくんと同じ感じで話してたカイトさん

相手はオンライン予選Bを勝ち抜いてきた男、そして僕はもう負けは許されない状態。

スズvsカイト

ゲンガー   カプ・コケコ

ウインディ ウルガモス

メタグロス ボーマンダ

カイト勝利

壁コケコ一点読み初手凍える風から入ったのは良かったが、壁ターン稼ごうとせず、素直にヘド爆で殴りリフレクターをはらせない立ち回りをすればよかったなと後悔。

負けられない戦いを自分のミスで落としたというのが、正直メンタルをごっそりやられた。

5戦目の相手は東海の覇者てつさん

優勝者多くね?とかイかれたこと思ったが、そもそもそういう大会だったわ。

彼もウインディの人!と言ってくれるし、嬉しい限りだったね。

スズvsてつ

ポリゴン2    カバルドン

メタグロス  ミミッキュ

ミミッキュ  リザードン

てつ勝利

なんか相手のガルーラに嫌な予感してウインディではなく、ミミッキュを選出

初手のトラアタでカバを凍らせ無償突破したくせに、リザードンのニトチャの起点を作らせるプレミをし、敗北。

というかXだと思った、だってぽいじゃん

とまあ、これはウインディ出してればなあとなったし、配信宅だったし、いいとこなしだった、自分でももうちょいいい試合できたはず、てつさんすまんかった。

1-4でオワオワリだが、残り試合全力で頑張ろうと思い、次の相手は関東三位のコアトルさん。関東予選準決勝激アツだったなあ。

スズvsコアトル

ウインディ   ガブリアス

ボルトロス  バシャーモ

メタグロス  テッカグヤ

スズ勝利

初手身代わりで龍Zスカされたりしたが、刺さってたウインディをうまく通し勝利。

この男関東勢にしか勝ってないんだけど鎖国か?

そして最終戦の相手は北陸の覇者こばっちさん

向こうは結構勝ってて、勝てば予選抜け濃厚だとか、そんな気持ちのいいことさせてたまるかと。

スズvsこばっち

ゲンガー     バシャーモ

メタグロス  カミツルギ

ミミッキュ  ボーマンダ

こばっち勝利

向こうがバシャがゲンガーに文字外した後、岩石封じをうってきてカミツルギを召喚させたが、封じうったにもかかわらずスカーフツルギ。

完全にブラフをかけられやられました、うめえよ、そしてウインディだしとけばよかった、そりゃオニゴーリなんざうちの構築に出て来ねえだろ、切れやって終わってから言ってた。

 

通算成績2-5

完敗でしたね、予選抜け絶望的になった後の負け方がひどいのなんのって、運やどうこうではなく、もっと面白い勝負をできたと自分で思うから負けたことよりそこが一番悔しい。

そして僕の真皇杯での戦いは終わりました。

アーカラブロックは3すくみの結果、てつさんとじおらま君が抜けましたね、ほんと強かった。

その後はじおらま君対むくれねこさんの試合見たり、北海道代表の2人やしばえんさん、見学で来たかんくろーさん、reboさんやチハヤとフレ戦したりしてました。

reboさんやてぃーぽっと君はここ最近のシーズンほんとよくレートでマッチングするため話し弾みましたね、2人とも今季のウインディは予想外だったみたいで重い重い言ってました。

楽しい時間はあっという間ということで、そうこうしてるうちに決勝戦が繰り広げられていました。決勝戦はむくれねこさん対ZEROさん

おそらく近いうち動画化されるとおもいますが、むくれねこさんが圧倒的な安定感を見せ真皇となりました!

熱い戦いだった、会場大盛り上がりで思わず声出ちゃうやつでした。

そうして真皇杯本戦はむくれねこさんが四代目真皇となり閉会。会場入ってすぐのパーティ記入シートを書いてる時たまたま目の前にいたため、軽く話せたのほんとよかった、あん時僕、未来の真皇と話してたんだな。

夕飯はチハヤ、ヨハン、とすT、きたにー、たに、しゅしゅ、そして僕の7人で行くことに。ちなみに僕ときたにー君以外は未成年なので酒は控えましたね。

f:id:winday77:20180716131846j:image

カツを食べながら、本戦の話やチハヤいじったり、ふゆのさんの記事が上がっててそれ見たり、チハヤいじったりしてました。楽しかったね、ほんと楽しかった。

レートで最高を更新し、自信をもって本戦へと乗り込んだつもりでしたし、僕自身この大会への意気込みはかなりあって、関東予選で使った構築と被りがウインディのみ、そのウインディですら型が違うという変化っぷりを見せてたので相当な思いで臨んでました。

それでも甘くは無かったし、本当にみんな強かったの一言につきました。

全国から集まる強い人と顔合わせての真剣勝負、この本戦本当に参加できてよかったと心から思えました、最高だった。

真皇杯の主催、スタッフ、関係者の方々、参加者の方々、応援してくれたTwitterのフォロワーの人達に本当感謝です、ありがとうございました。

オフ自体、最近積極的に参加しているので見かけたら気軽にお声掛けください。

ありがとうございました。