でんせつポケモンとシングルレート

ポケモンのシングルレート構築記事です。

自己紹介

はじめまして、スズと言います。

6世代後半で構築記事を読むようになり、7世代から僕も書いてみようかなと思い、ブログ開設しました。

一応XYのS1からレートデビューしましたが、そのXYのS1に2000突破して、その後orasのS16に2000突破するまで1700から1800あたりをウロウロしてました。今その頃のこと考えるとあまり頭使って無かったなと思いますね。

XYはTNマルティネス、ORASはTNロンゴリアでやっていて、SMはTNプイグ、そしてSutantonでやっています。全部メジャーリーガーからとりました。

ブログ名で察しの通り、ポケモンで1番ウインディが好きです。その次好きなのがフシギバナで、僕の中でこの二体が2トップですね。たいていどちらかはパーティに入っており、ORASのS16はウインディ入り、S17はフシギバナ入りで2000突破しました。

最高レートはORASのS17の2083、そこから1勝4敗で溶かした最終2023が最高レートです。

まだまだ実力不足を実感すること多々ありますが、これからの7世代、2100や2200を目指しつつ、最高に楽しんでいきたいと思っています。

Twitterアカウント@winday77でやってます、気軽に声かけてください。

 

10パートナーズまとめ

レッツ(@rets_l)さん主催の10パートナーズ大会のまとめになりますので、参加者以外の閲覧はおすすめしません。

 

ルール

シングルフラットルール

事前に決めたパートナーズ10体+自由枠の11体からパーティを組み戦う

その際の自由枠はメガ進化、ならびにメガ可能ポケモンは禁止

パートナーズはメガ可能ポケモンは2体、ロトム等の複数フォルムのあるポケモンはフォルムまで記載、ただしリザードンのXYは記載しなくてよい。

5人ブロックの総当たり、放送は対戦相手の許可を得て行う。

 

あブロック

レッツ

f:id:winday77:20170821131625g:plainf:id:winday77:20170821131721g:plainf:id:winday77:20170821131816g:plainf:id:winday77:20170821131940g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821132109g:plainf:id:winday77:20170821132317g:plainf:id:winday77:20170821132355g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821132444g:plain

ラティアス クチート ホルード マリルリ ポリゴン2 マフォクシー

テラキオン グライオン ミミッキュ メタモン

 

8210

f:id:winday77:20170821195127g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821132317g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plainf:id:winday77:20170821195722g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821195822g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821195850g:plain

ガルーラ ミミッキュ キノガッサ テラキオン 霊獣ボルトロス

ヒードラン ギルガルド クレセリア ボーマンダ マンムー

 

マラマ

f:id:winday77:20170821200439g:plainf:id:winday77:20170821200500g:plainf:id:winday77:20170821200520g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821200643g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plain

リザードン ラプラス アシレーヌ ミミッキュ カプ・コケコ 

カプ・テテフ カイリュー ギルガルド ポリゴン2 ボーマンダ

 

えぬ

f:id:winday77:20170821201405g:plainf:id:winday77:20170821200439g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821201442g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821201515g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821201547g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plain

メタグロス リザードン ポリゴン2 ポリゴンZ ミミッキュ カプ・テテフ

霊獣ランドロス ゲッコウガ スイクン キノガッサ

 

キュー

f:id:winday77:20170821202241g:plainf:id:winday77:20170821202301g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plainf:id:winday77:20170821202415g:plainf:id:winday77:20170821202436g:plainf:id:winday77:20170821202449g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plain

 サーナイト フシギバナ ミミッキュ ゲッコウガ ポリゴン2

ドリュウズ シャンデラ トリトドン Aベトベトン 霊獣ボルトロス

 

いブロック

 

ひじり坂

f:id:winday77:20170821203456g:plainf:id:winday77:20170821203508g:plainf:id:winday77:20170821203529g:plainf:id:winday77:20170821203548g:plainf:id:winday77:20170821203603g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821203647g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821203716g:plainf:id:winday77:20170821203728g:plain

Hロトム カイリキー ジャローダ ペリッパー ラグラージ

ミミッキュ パールル ボーマンダ ギガイアス ペンドラー

 

喜水

f:id:winday77:20170821204623g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821204641g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821204711g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821203456g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plain

オニシズクモ ボーマンダ ボスゴドラ カプ・テテフ ギルガルド カバルドン

ポリゴン2 Hロトム ゲッコウガ ドリュウズ

 

らみれす

f:id:winday77:20170821131625g:plainf:id:winday77:20170821131721g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821200520g:plainf:id:winday77:20170821201515g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821203456g:plainf:id:winday77:20170821203529g:plain

ラティアス クチート ポリゴン2 ミミッキュ キノガッサ アシレーヌ

霊獣ランドロス ゲッコウガ Hロトム ジャローダ

 

あとら

f:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821132355g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821205221g:plainf:id:winday77:20170821203529g:plainf:id:winday77:20170821205301g:plainf:id:winday77:20170821195822g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plain

ボーマンダ ギルガルド グライオン ポリゴン2 ウツロイド

ゲンガー ジャローダ ジバコイル クレセリア ミミッキュ

 

ラシ

f:id:winday77:20170821205402g:plainf:id:winday77:20170821200439g:plainf:id:winday77:20170821203529g:plainf:id:winday77:20170821205529g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821205221g:plainf:id:winday77:20170821195850g:plain

タマザラシ リザードン ジャローダ カプ・レヒレ 霊獣ボルトロス

ギルガルド ポリゴン2 ミミッキュ ゲンガー マンムー

 

うブロック

 

dice

f:id:winday77:20170821210736g:plainf:id:winday77:20170821210748g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821205529g:plainf:id:winday77:20170821210825g:plainf:id:winday77:20170821204711g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plainf:id:winday77:20170821195850g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821210921g:plain

バシャーモ ギャラドス ギルガルド カプ・レヒレ テッカグヤ

カバルドン 霊獣ボルトロス マンムー ポリゴン2 エムリット

 

スズ

f:id:winday77:20170821211630p:plainf:id:winday77:20170821202301g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821211731g:plainf:id:winday77:20170821200520g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plainf:id:winday77:20170821211819g:plain

ウインディ フシギバナ ボーマンダ ウツロイド ミミッキュ

ナットレイ アシレーヌ カプ・コケコ ドリュウズ Aキュウコン

 

まぐなかるた

f:id:winday77:20170821212147g:plainf:id:winday77:20170821210748g:plainf:id:winday77:20170821212250g:plainf:id:winday77:20170821212302g:plainf:id:winday77:20170821132317g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821205529g:plainf:id:winday77:20170821210825g:plain

パルシェン ギャラドス ガブリアス ウルガモス テラキオン

ゲッコウガ カプ・コケコ カプ・テテフ カプ・レヒレ テッカグヤ

 

れうぃん

f:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821205221g:plainf:id:winday77:20170821204711g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821212302g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plain

ボーマンダ ゲンガー カバルドン キノガッサ ミミッキュ

ウツロイド ゲッコウガ ウルガモス ポリゴン2 カプ・コケコ

 

きゅあぺこ

f:id:winday77:20170821131721g:plainf:id:winday77:20170821205221g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plain f:id:winday77:20170821131940g:plainf:id:winday77:20170821131816g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821212837g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821200643g:plain

クチート ゲンガー ミミッキュ マリルリ ホルード ポリゴン2

エンテイ カプ・コケコ キノガッサ カイリュー

 

えブロック

 

ケケナツ

f:id:winday77:20170821213201g:plainf:id:winday77:20170821200643g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821131625g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821204711g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821200439g:plain

デリバード カイリュー ゲッコウガ ラティアス キノガッサ 

ウツロイド カバルドン ギルガルド カプ・コケコ リザードン

 

とろろん

f:id:winday77:20170821201533g:plainf:id:winday77:20170821202301g:plainf:id:winday77:20170821210825g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821200439g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821201515g:plainf:id:winday77:20170821200554g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821213804g:plain

ゲッコウガ フシギバナ テッカグヤ カプ・テテフ リザードン

ウツロイド 霊獣ランドロス カプ・コケコ キノガッサ カビゴン

 

りんごぱん

f:id:winday77:20170821214020g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plainf:id:winday77:20170821131940g:plainf:id:winday77:20170821214045g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821200439g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plainf:id:winday77:20170821205529g:plainf:id:winday77:20170821201533g:plain

エルレイド ミミッキュ マリルリ Wロトム ギルガルド

リザードン ドリュウズ 霊獣ボルトロス カプ・レヒレ ゲッコウガ

 

ぬこたそえる

f:id:winday77:20170821214353g:plainf:id:winday77:20170821210736g:plainf:id:winday77:20170821214419g:plainf:id:winday77:20170821195221g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plainf:id:winday77:20170821214500g:plainf:id:winday77:20170821195810g:plainf:id:winday77:20170821205156g:plainf:id:winday77:20170821195703g:plainf:id:winday77:20170821132418g:plain

ユキノオー バシャーモ ブルンゲル キノガッサ ドリュウズ グレイシア

ギルガルド ウツロイド 霊獣ボルトロス ミミッキュ

 

みずぱん

f:id:winday77:20170821204711g:plainf:id:winday77:20170821195838g:plainf:id:winday77:20170821215104g:plainf:id:winday77:20170821132021g:plainf:id:winday77:20170821204623g:plainf:id:winday77:20170821214045g:plainf:id:winday77:20170821202354g:plainf:id:winday77:20170821210736g:plainf:id:winday77:20170821200614g:plainf:id:winday77:20170821215255g:plain

カバルドン ボーマンダ カミツルギ ポリゴン2 オニシズクモ Wロトム

ドリュウズ バシャーモ カプ・テテフ ゴルーグ

 

以上の20人が参加者の10パートナーズとなります。

 

対戦日は各ブロックで相談しながら自由なタイミングで行えるようよろしくお願いします。

できれば9月中に全日程終了できるとありがたいです。

 

10パ提出締め切り日まで音沙汰無く、twitterやめましたという名前に変えて参加者の不安を煽るような無能主催よりはるかに仕事したので、この企画が終わった時、真っ先に感謝されるのが僕であること願ってます。

では楽しんでいきましょう。

 

 

S4使用構築/積みサイクルナットウインディ/最高最終2111最終順位38位

ウインディのいないパーティなど夏休みのない8月のよう、どうもスズです。

今季なんと初の2100をとっぱしました、紹介していきます。

f:id:winday77:20170715053026p:plain

構築経緯として、上位構築記事でレボルトが重いとの話が多く見えたため、こいつを中心に組み始めました。カバレボでの積み起点で展開することを想定した結果こうなりました。

 

f:id:winday77:20161211164457g:plain

ウインディゴツゴツメット

図太いHB/火炎放射/あさのひざし/おにび/龍の波動

相棒、そしていつものやつ、単体考察記事の参照を推奨。http://winday77.hatenablog.com/entry/2017/06/16/000743

リザがX、バシャがメガが増えたため、ナットと組ませてサイクルを回すのが本当に強かった。

選出率3位

 

f:id:winday77:20161211170226g:plain

ボーマンダボーマンダナイト

臆病CS/ハイパーボイス/流星群/火炎放射/ハイドロポンプ

最速フルアタ特殊マンダ。フシギバナ対策と、ミラーに強く、分身バシャやテッカグヤも狩れるうえに読まれにくい。ハイドロポンプはドランへの有効打と、グライ、カバへの最高打点として採用。パーティに抜きエースが他にいるとこの型での採用したくなる。

選出率6位

 

 

f:id:winday77:20170715054750g:plain

カバルドン@オボンのみ

わんぱくHB/地震/ステルスロック/あくび/ほえる

起点づくりながらHBカバ。特殊方面相手でのステロ展開はナットに一任しているため、物理アタッカーあたりから起点を作っていく。HDでもよかった感はなきにしもあらず。

選出率5位

 

f:id:winday77:20170426163902g:plain

ボルトロス@格闘Z

臆病CS/10万ボルト/めざめるパワー氷/きあい玉/わるだくみ

今回の軸。圧倒的受けポケつぶし性能。グライオンドヒドイデテッカグヤあたりが増えそうとかいろいろ考えての採用。

選出率4位

 

f:id:winday77:20170715120627g:plain

ミミッキュ@ゴーストZ

意地っ張りAS/剣の舞/じゃれつく/かげうち/シャドークロー

最強ポケモン。表選出のカバボルトでも、裏選出のナットウインディサイクルでも積極的に選出でき、ほぼ毎試合選出していた。パーティで重いポケモンをこいつにすべてぶん投げているくらいごまかし性能高い。

選出率1位

 

f:id:winday77:20170516014754g:plain

ナットレイ@たべのこし

のんきH252A68B76D108

ジャイロボール/パワーウィップ/ステルスロック/やどりぎのたね

前期と同じの謎調整。前期のナットウインディ@1の選出が強すぎたため引き続き採用。カバでステロまきづらいレヒレやテテフアシレあたりがいたときのステロ要員。このポケモンに殺意持ってる人がさらに増え厄介だった。

選出率2位

f:id:winday77:20170718140125j:image

 

 f:id:winday77:20170718140029j:image

 

最高最終2111という自分でもできすぎた結果となりました。

 

基本選出がカバレボミミッキュ、もしくはナットウインディミミッキュのどちらかでした。

ボーマンダに関してはよほど刺さってない限り出しませんでした、後半から選出がだいぶ増えた印象。

ステロで展開をし、積み技とZ技で全抜きを狙う表選出と、ステロをまき、有利なサイクルに持ってく裏選出。選出率を見ればおわかりだと思いですが、裏選出のほうが多かったです。

 

この構築で重いポケモン

ゲッコウガ

重すぎる、ミミッキュ以外全員殺される。だが大抵初手に来るためミミッキュを合わせていけば何とかなる。

ヒートロトム

なぜかすごく厄介に感じた。ステロまけばわりとどうにでもなった。

ボルトロス

ナットウインディを一体で葬られるため、重い。

カバルドン

こいつを一撃で倒すすべがないため、処理に時間がかかる

リザードンY

今季から解禁されたメガポケに軒並み弱いため、減ると思い、対策うすめだった。ステロ入ればなんとでもなる。

・めざほのお持ち全般

不利対面は素直な心で引いてください。

シャワーズ

ぶっささているらしい。

 

シーズン4を通してこの構築で自分が強かったと思う点は大きく分けて3つあります。

1つ目はバシャーモに苦戦をしなかったこと。

剣舞バシャが少なく、雷パンチかめざ氷、バトンタッチあたりをよく見たため、ウインディを突破できるバシャが極めて少なかったです。

2つ目はクチート軸の構築が少し増えたこと。

ボーマンダレボルトミミッキュナットレイクチートに弱いポケモンが多そうに見えますが、ウインディがこれ以上ないほどクチートに強いので、クチート軸との戦績はかなりよかったです。

3つ目は上記に記した重いポケモン達が少なかったこと。

今季から追加されたメガ進化のバンギラスライボルトバシャーモラグラージあたりに弱くなるため、リザYは減るとなんとなく思ってましたし、案の定Xが多くてウインディで狩れたので助かりました。

ゲッコウガとそこまで遭遇しなかった理由として僕なりに考えた結果、ボスラッシュの使用率トップのマンダへの警戒が高まり、ポリ2が増えたことが1番の原因かなと思います。それでも遭遇する時はそこそこあり、ゲッコウガ重い重いと思いながらも遭遇したら即負けでなく、むしろなんとかミミッキュとゲコの対面作って勝つことの方が多かったです。

 

 最後に、この構築使ってみて、自分でもこんなに勝てると思いませんでした。ずっと目標だった2100を達成でき、心から嬉しかったです。2010から2111まで、15勝3敗という成績でのれたこと、0から自分1人で組んだ構築で2100いけたこと、いろんな方に強いと言ってもらえたことをこれからの自信にしていきたいです。

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-4D85-A646

QRチーム公開したのでよかったら使って見てください。

 

f:id:winday77:20170715130850j:plain

2000を達成した際に、りんさんという方からパーティ絵をもらい、それが2100へのやる気につながりました。これで燃えなきゃ男じゃない!!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

燃え尽きるな!燃やし尽くせ!鬼火ウインディの考察

座右の銘ウインディで燃やせ、どうもスズです。最近僕のまわりでウインディが評価されているのがうれしくて単体での考察記事書くことにしました。

長文が続きますのでウインディの画像を要所要所挟んでいきます。

f:id:winday77:20170615175152j:plain

タイトルで察せる通り鬼火ウインディの考察になります。7世代でのアタッカーウインディはサイコフィールドにより神速が通らないことをはじめ多くの障害が立ちはだかっていることを使ってみて実感しました。

そこでウインディがこの先生き残るにはと

まず、ウインディ最大の強みであるいかくを活かした物理受けでの採用を考えました。物理受けウインディは、6世代でも使っていましたが、個人的に7世代の方が使いやすいと実感しています。

いかく+鬼火で実質A3段階ダウンにまでつめれて、あさのひざしという回復技もある、隠れた強みですね。4倍弱点がないのもポイント

ちなみにいかく+鬼火+回復技のすべてが揃っているのはウインディのみです。

f:id:winday77:20170615224754j:plain

ここまでの話で、HBで鬼火日差しは確定として、残りの技について考察していきます。

まずは図太いHBによる特殊方面の技を使う場合、安定した削りを入れられる火炎放射は確定でしょう。残り一枠ですがいくつか候補があります。

第一候補は龍の波動。リザXやボーマンダへの有効打になり、バシャへの削りもそこそこ入れられます。一番使い勝手がいいですね。

第二候補はめざめるパワー氷。ランドロスガブリアスボーマンダへと刺さります。ですが、リザXの起点になりかねないため、個人的にはイマイチ。

その他候補はありますが、考察の段階でのボツ案です。

燃え尽きる/タイプ消す必要なく、一度しか使えない技に圧迫されるのはイマイチ

バークアウト/特殊アタッカーの火力は削れるが、役割対象外のものへの負担より、見れる範囲を広げたほうがいい。

どくどく/クレセやポリに刺さるが、そいつらの後ろで控えてるガルやクチートヘラクロスあたりを考えると、受けポケのまえに突っ張るのはリスキー

ほえる/ありっちゃありだがいらね。

 

次にわんぱくのウインディへの考察にうつります。

削りをいれるフレアドライブですが、反動により、なかなかHP管理が大変になってきますし難しい型です。

第一候補は地ならし。バシャーモや役割対象外のドランに刺さり、S操作によって裏のポケモンのサポートもできる。

第二候補はアイアンヘッドミミッキュへの最高打点。ぶっちゃけそれだけ。

第三候補はワイルドボルトウインディに後出ししてくるレヒレに刺さる。でもたいしたダメージではないから返り討ちにあう。

 

まとめると

f:id:winday77:20161211164457g:plain

種族値 90-110-80-100-80-95-555

 

図太いHB@ゴツゴツメット

鬼火/あさのひざし/火炎放射/龍の波動

 

 

わんぱくHB@ゴツゴツメット

鬼火/あさのひざし/フレアドライブ/地ならし

 

この2つがオススメで、個人的に図太いのほうが使い勝手はいいです。

 

このウインディで見れるポケモンですが。対面からなら大半の物理ポケモンに勝てます。(おにび当てれば)

このウインディ使っていて一番思ったのが、対ミミッキュ性能の高さです。

鬼火当てた場合、剣舞三度積んだミミッキュ(いかく込でA↑5)のシャドークローが半分入らず、受けきれます。後出しからミミッキュに強く出していけるこいつを使っているため、僕自身あまりミミッキュに苦戦した記憶がないです。

その他にも、龍舞、羽やすめ、地震、捨て身のようなボーマンダもこいつで見れていました。龍の波動により舞ずらく、それでいて舞わないと落としきれないという絶妙な耐久でした。S3でボーマンダに何度かウインディを後出しして狩っていました。

あとは型によって受けれるバシャーモも役割対象ですね。剣舞、エッジ以外のバシャならメガであっても受けきれます。メガバシャの特化とび膝をいかく入れば2耐えしますし、うまく削っていけます。

この3体の他にも、強力なメガポケ、クチートハッサムはもちろん、ガルーラやヘラクロスメタグロスも狩れ、なかなかに優秀に思えてきます。

f:id:winday77:20170615234511j:plain

このポケモンの欠点ですが、大きく分けて3つです。

一つは物理技の中で一番採用されるであろう地震という技が痛いところです。

タイプ不一致地震くらいなら、ニ耐えしますが、ランドロスマンムーあたりはいかく+鬼火のコンボがないと受けきれません。まあ、対面から鬼火当てれば見れるんですが。

2つめはいかくがあってこそだということです。

メガバシャがウインディにあと投げされた場合はいかくが入らないため、受けきれない、メタグロスクリアボディーでいかくがすかされて地震受けきれないということが稀にあります。

3つ目は、火力がないため、後出しすることが怖くないということですね。この弱所を補うため、ステロをまいたサイクル戦をおすすめします。

とまあ、この他にも弱いところは多々ありますが、ウインディのカッコよさ、かわいさにめんじて許しましょう。

f:id:winday77:20170615235613j:plain

以上がウインディの考察です。ここからは使用者の一人としての感想です。

7世代に入って一応今のところ全シーズンウインディとともにレート2000を突破してきたうちの、3/4がこのウインディを使っているため、上の方でも戦っていける力はあると思っています。少しでもこのポケモンに興味を持ってくれたらうれしいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

そして、画像提供してくれた、りんさん、華月さん、くらはんさんありがとうございました。

f:id:winday77:20170616000713j:plain

 

 

 

 

 

 

S3使用構築アシレナットウインディサイクル(最高2081最終2005)

どうも、ウインディの人ことスズです。今季は中盤使用していた構築からがらっと変え、少しニガテ意識のあったサイクルパを使ってみました。早速パーティー紹介していきましょう。

f:id:winday77:20170516012114p:plain

 

f:id:winday77:20170319002144g:plain

ウインディゴツゴツメット

図太いHB252/かえんほうしゃ/おにび/あさのひざし/龍の波動

いつものやつ。いつも通りミミッキュバシャグロスといった物理型のポケモンを燃やす。パーティの関係上、ボーマンダもこいつで対処していた。

f:id:winday77:20170516013826g:plain

ウツロイドきあいのタスキ

臆病CS252/ヘドロばくだん/パワージェム/草結び/どくどく

対カバリザに強く、それでいて耐久型ポケモンに毒刺せる抜きエース。

めざ炎ポリがきついため、こいつで処理。リザードンに向かって何度も草結びをうち、後続のカバもろとも狩ってきた頼れるヒロイン

f:id:winday77:20170516013858g:plain

アシレーヌアシレーヌZ

控えめHC252/うたかたのアリア/ムーンフォース/滅びの歌/アクアジェット

こいつをパーティに入れるだけで、選出が読みやすくなるポケモン。火力の高さは言わずもがなタイプも優秀で、バトン軸やみがわりスイクンやクレセ、オニゴーリなんかに刺さる滅びの歌を採用することで起点も阻止できるという強いところしか見つからないポケモン

f:id:winday77:20170516014754g:plain

ナットレイ@たべのこし

のんきH252A68B76D108

ジャイロボール/パワーウィップ/やどりぎのたね/ステルスロック

XYのころ作った謎調整がなぜか絶妙に使いやすかった。

主にステロをまき、有利なサイクルに持っていく役割。カプ系やレヒレアシレーヌメタグロスその他諸々、環境に多いポケモンに刺さりまくっていた。ほぼ毎試合出していた。

f:id:winday77:20170516015948g:plain

ランドロスこだわりスカーフ

意地っ張りH84A204S220/じしん/とんぼ返り/ばかぢから/ストーンエッジ

コケコとゲンガーとゲッコウガを上から倒せて、ガブリアスにも強いポケモンが欲しくなり採用。火力が高いうえに、環境にスカーフもちが少なかったため読まれることが少なかった。

f:id:winday77:20161211170226g:plain

ボーマンダボーマンダナイト

意地っ張りH4A132B124D4S244

やつあたり/龍の舞/じしん/みがわり

重すぎるフシギバナを狩るため採用。一応威嚇込みでランドの岩封をみがわりが耐えて起点にする調整ではある。強いが対策必須ポケモンの一体のため、信頼は薄く、一番選出しなかった。

 

f:id:winday77:20170516021352j:plain

ORAS以来の20後半まで登りましたが、21までは届きませんでした。

立ち回りとしては、ナットでステロをまいて、有利なサイクルに持ち込む、もしくはステロからのウツロやマンダで全抜きを狙う形。

カバリザ軸にはナットロイドは確定でした。

ゲンガー、ゲッコウガ入りにはなるべく初手はランドロスから入ります。

基本選出はナットウインディ@1でした。

いかく持ち三体な上にアシレーヌまでいるため剣舞バシャが来られることが少なかったため、ウインディでうけれました。

きついポケモンを紹介していくと

両刀ボーマンダ

剣舞飛行Zランドロス

Zギルガルド

受ループ全般

といった感じです。

7世代、3期連続で20載せてて、なおかつレートも徐々に伸びているで自信にしていきたいです。

QRも公開したのでそちらもよろしくです。

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-E9CF-4611

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

S3中盤2000突破構築、トリパ(?)

こんにちは、スズです。S3から解禁されたメガクチートをいかそうとポリクチ軸を組み、2000突破しました。

ですが、サブロムでまわしてて、刺さらなくなったと実感したため公開します。

早速パーティー紹介していきましょう。

f:id:winday77:20170426162641p:plain

 

f:id:winday77:20161211164457g:plain

ウインディゴツゴツメット

ずぶといHB252/いかく

かえんほうしゃ/おにび/あさのひざし/龍の波動

いつものやつ。ガルーラやマンムーミミッキュハッサムナットグロスと、よくいる物理アタッカーをいかくとおにびで止めてくれる。だが、剣舞バシャが止められないのがネック。

 

f:id:winday77:20161211165439p:plain

カプ・テテフこだわりスカーフ

ひかえめCS252/サイコメイカー

サイコキネシス/サイコショック/ムーンフォース/シャドーボール

エース、ショックとキネシスうちわけてれば3タテしてくれる。どくみがガルドが再び増えつつあるのが厄介。

 

f:id:winday77:20170426163345g:plain

クチートクチートナイト

いじっぱりHA252/いかく→ちからもち

じゃれつく/ふいうち/炎の牙/剣の舞

トリルエースに見せかけた崩し要員。

剣舞して3タテもよくしてくれたし、7世代でもまだまだいける。不意打ち威力ダウンがめちゃくちゃ痛いと感じた。

 

f:id:winday77:20161211165858g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

ひかえめHC252/ダウンロード

トリックルーム/れいとうビーム/めざめるパワー地/シャドーボール

 軽く地雷枠。トリルからの抜き性能はわりと高い。めざ地はドランにさすためだったが、ルカリオウツロイドなんかにもうまく刺さったから、選出すればそれなりに活躍してくれた。

 

f:id:winday77:20170426163902g:plain

ボルトロス@命のたま

臆病CS252/ちくでん

10まんボルト/めざめるパワー氷/きあいだま/わるだくみ

受けループへの回答の1つ。わるだくみ二回きあいだまでラッキーが飛ぶといういい火力。

珠である理由は、アシレーヌに10万耐えられるのがイヤだったから。

 

f:id:winday77:20170426164239g:plain

ガブリアスきあいのタスキ

ようきAS252/さめはだ

ステルスロック/じしん/げきりん/剣の舞

 

ステロ撒いて殴る。やっぱこのポケモン使うのニガテ。

 

 

f:id:winday77:20170414224353j:plain

 

一応、このパーティーで1800から2000まで15勝1敗だったため、弱くはないとは思います。

まず、皆さんが思っていることを当てさせてもらうと

また252振りばっかじゃん

ですよね?ほんと細かい計算苦手ですみません。

立ち回りのほうを説明させていただくと、ガブでステロをまき、テテフで全抜きを狙います。

いや、トリパじゃないのかよって思われた方、すみません、ポリ2の選出率がアホほど低かったので、トリルはる機会は少なかったです。

基本選出は、ガブ、テテフ@1、この@1に一番選出してたのがクチートでした。

リザードンが多いため、今の環境は、ステロがかなり刺さると思い、ステロもまけて、はやくて火力のあり、バシャにスキを見せないガブを採用していましたが、ぶっちゃけ使いにくかったです。理由はステロまいた後、ちょうはつうちたい場面が多かったから。

S3で戦っていて、なんか最近テテフの対策薄くない?

と思って採用したのが刺さったという感じでした。

このパーティ使っての感想は、やっぱりぼく、強いポケモン使うのニガテだなあと改めて実感しました。対策されやすいポケモンを対策されてる型で使っても勝てないのが僕の弱さだと思うので、S3の残り半分、変なポケモン入れてまた構築練ってでなおしてきます。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

S3はトリル展開?パーティ大迷走!(軽い報告)

どうもスズです。S3より、orasでめちゃくちゃお世話になったクチートが解禁されたので使いたいなとなり、トリル軸を考えました。

だが、クチートが刺さらない、上からのZで飛ばされる、などなかなか向かい風な評価が。

f:id:winday77:20170414224353j:image

結果として2000突破しましたが、パーティで最初からずっと変わらずいるのがウインディだけというほどの迷走っぷりでした。

ドータクンアシレーヌ、ブルルウインディ、その他諸々軸までコロコロ変え、クチートまで一度下げるなどもうわけわかりませんでした。

このパーティに変えてからそこそこいい調子なので今季こそは2100いけるよう頑張りたいです。

ここまで読んでくださりありがとうございました。