Become a Legend

ポケモンのシングルレート構築記事です。

自己紹介

はじめまして、スズと言います。

6世代後半で構築記事を読むようになり、7世代から僕も書いてみようかなと思い、ブログ開設しました。

ブログ名の由来は一番好きなポケモンウインディがでんせつポケモンだから。

XYはTNマルティネス、ORASはTNロンゴリアでやっていて、SMはTNプイグ、そしてSutantonでやっていました。全部メジャーリーガーからとりました。

USMはTNデスパイネとKershowでやっていました。

剣盾はグラシアル、Ichijo Hanaでやっています

 

実績としては

ORASのS16と17でレート2013、2010(2000突破した時しか写真撮ってなかったので証拠があるのが2013と2010の時のみ)

7世代全シーズンレート2000以上

2100以上7回 (S4.10.12.13.14.15.16)

最高レート2135(s15)

剣盾

最終33位レート2249(S1)

最終18位 レート2158(s6)

最終6位 レート2136(s7)

 

youtubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCE0OiW3xnTxuKeCZ5fy5rCg

バトルスイッチ 

https://youtu.be/niDnRn4GmeU

 

Twitterアカウント@winday77でやってます、気軽に声かけてください。

 

S9使用構築/犬熊with出禁スタン/最終64位

スズですこんにちは

今回は1桁まであと1勝で逃すという自分の中の、あーまたこのパターンなって感じの結果に終わりました。早速紹介していきます。

構築経緯

スカーフウーラオスでとんぼ返りをうち、相手の動きを見て引き先を用意することを想定してスタート

一番不利をとるトゲキッスへの引き先として、ジバコイル、ゴリランダーへの引き先としてウインディを採用

相手のジバコイルや、ドラパルトへのクッションとしてカバルドンを採用。

パッチラゴン、ウオノラゴンがしんどくて最速メガネドラパルトを採用

最後になんかヌオーに妙に当たるのと、アシレーヌがおもいため、ウィップ持ちのギャラドスを採用して完成。

f:id:winday77:20200901184946j:image

 

余談だが、最終日当日の朝に構築が完成した

 

 

f:id:winday77:20200101012838p:plain

ウインディ@厚底ブーツ

いかく わんぱく

204-28-204-0-0-68

フレアドライブ じゃれつく しんそく あさのひざし

HB

エースバーンの珠とびひざげり2耐え

最速60属抜き

ゴリランダーとエースバーンへの引き先

ゴリランダーが剣舞してくることも多かったから、フレドラしんそくで迅速な処理できるのが強かった。

f:id:winday77:20200401093112p:plain


 

ドラパルト@こだわりメガネ

すりぬけ 臆病CS

流星群 シャドーボール かえんほうしゃ 10万ボルト

ウオノラゴンとパッチラゴン、受け系の構築が重かったから採用。

特に言うことはなく無難に強い

 

f:id:winday77:20200901190311p:plain

ウーラオス@こだわりスカーフ

陽気 AS ふかしのこぶし

インファイト 水流連打 かみなりパンチ とんぼ返り

構築の軸

初手に投げて勝てそうなら殴り、まけそうならとんぼで引く、シンプルな動きが無難に強かった。

最速スカーフロトムや、ウーラオスミラーに負けたくなかったため、陽気スカーフでの採用

 

f:id:winday77:20200901190644p:plain

ジバコイル@突撃チョッキ

控えめ アナライズ HC252

放電 ラスターカノン ボルトチェンジ 徹底抗戦

軸その2

採用理由の9割はトゲキッスに対して強いというだけ。対トゲキッス性能は本当に高く、ウーラオスにダイジェット撃ってくるトゲキッスに、とんぼで引いた際次のターンの徹底抗戦で倒してしまうことができるほど火力に信頼あった。

使ってみたらミミッキュやドラパルトにもそこそこ強かった

 

f:id:winday77:20200101013629p:plain

ギャラドス@いのちのたま

自信過剰 陽気 AS252

滝登り とびはねる パワーウィップ 龍の舞

ヌオーが鬱陶しく、簡単に引き先を用意できない草タイプの技持ちとして一番最初に思い浮かんだため採用。

あんま出さなかったが、ちゃんとヌオーはボコしてた

 

f:id:winday77:20200101014146p:plain

カバルドン@オボンのみ

砂起こし わんぱく 244-0-36-0-228-0

地震 あくび ふきとばし ステルスロック

HD ラプラスのキョダイセンリツ最高乱数切り耐え

相手のジバコイルが厄介なため採用

まあいつも強いよねこいつ

 

f:id:winday77:20200901184956p:image

一番高い時の順位とレート

TNグラシアル

最終64位

サブはスパボ級なので1ロム特攻となった

 

選出はラオスジバコ@1で来そうなやつの引き先を用意するといったシンプルな動きを想定していた。

初手ギャラでジェットストリームで荒らしたあと、スカーフウーラオスで雨下水流連打することも強かったが、一回しかやらなかった。

初手とんぼラオスor初手ダイマギャラor初手ステロあくびカバ

マリルリをみたら負けだったが、せいぜいアシレーヌを見るくらいで一度も当たらなかったので助かった。

 

ここからは構築とは全く関係ない話をします。

正直前期からこの環境が嫌いでした。

超高火力のエスバやゴリラ、それに対して物理耐久高いポケモンを採用すると、ポリゴン2を投げられDLで特攻があがり、手がつけられない。対面的な構築を考えてもスカーフエアスラ怯みで誤魔化される。どくどくによる圧も限られたポケモンでしかかけられない。

ポリゴン2ポリゴン2を投げられて不毛なことをされるなんてこともよくありました。

どこか行き当たりばったり感、相手の選出や型への願望が選出やプレイングに露骨にあらわれてしまうことが多かったです。

サイクルをしたいというわけではないけれども、引き先が引き先として機能せず、ゴリ押されるか他の起点になることが過去最高に多かったです。

最終1桁取ってこのルール全否定したいという負の目標で頑張ってきました。残念ながらあと一歩届かなかったけれども、それでも嫌いなルールでもそれなりに勝つことができて嬉しかったです。

次のシーズンはガラッと変わるので0から考察し直して1桁取れるように頑張ります。

最後に一言

トゲキッスは二度と解禁されなくていいよ

 

 

ドレインキッスアシレーヌについて

細かい調整等はしていないのでそこはご了承ください。

採用経緯

アシレーヌポリゴン2を余裕を持って突破することを意識

タスキウーラオスとタスキドラパルトくらいしか打つことなかったアクアジェットを変更したくて、この二体に負けないようにしながら他の技が無いか探してみた結果、行き着いた。

 

 

f:id:winday77:20200808152941p:plain


アシレーヌ@オボン

控えめ げきりゅう

252-×4-204-4-44

うたかたのアリア ムーンフォース めいそう ドレインキッス

 S無振り65族+1

 

2瞑想でポリゴン2の放電ダメージをドレインキッスでの回復量が上回る(使ってみてそうなっただけで計算はしていない)

与えたダメージの3/4回復というのはえげつないもので、ハピナスまでも麻痺されたくらいで、HPフルで突破したり、ウーラオスをエサにしたりかなりうまいこといっていた。

最終的な採用こそはしなかったものの、前期中〜終盤このポケモンを軸にずっと戦い、レート見てないから詳しいことは言えないけれども100位台〜200位台のおそらくレート2000付近で使っていたポケモンなので、かなり戦えていた。

S8使用構築/灼熱犬兎/最終144位

こんにちはスズです

S8お疲れ様でした。

【構築経緯】

ポリやキッスに呪い退場できるドラパルト+積みアタッカーが強いというのを閃き、タスキ呪いドラパルトから開始。

最近のエースバーンが不意打ちを持っていないことが多かったのでエスパータイプに注目し、放電麻痺の不確定要素を取り除けてポリゴン2 に安定して瞑想を積めるランクルスを採用。

呪いでの嫌がらせよりシンプルに殴った方が通りそうだった際、初手に出すアタッカーとしてAS命の珠ウインディを採用。

ウーラオスの引き先とギャラドスミミッキュにも後出しができるコットンエルフーンを採用し、その際、宿り木入れて退場する事でランクルスの積みやすさをアシストすることも想定。

相手のドラパルトが重いためそのためだけにポリゴン2を採用。

呪いでの削りからのダイジェットを想定して自信過剰の身代わり持ちギャラドスを採用していたが、エレキボールエースバーン3連戦で嫌気がさしたため、こっちもエースバーン採用に変更した。

その際エースバーンとウインディでの役割集中によるゴリ押しや、エースバーンで落としきれなかった際の高火力しんそくが欲しくなり、ウインディの持ち物をハチマキで採用、エースバーンは命の珠で採用した。

f:id:winday77:20200801222517j:image

 

ウインディ

意地AS

いかく

 

エースバーン

意地AS リベロ

 

ポリゴン2 

控えめH244 C252 S12

ダウンロード

 

ドラパルト

陽気AS

クリアボディ

 

ランクルス

図太いHB

マジックガード

 

エルフーン

図太いH252-D36-S220

ウーラオス抜き残りHD

 

反省点

瞑想ランクルスでマジカルフレイムトゲキッスに勝つためにも、火炎玉は毒毒玉にした方がよかったこと。

エースバーンの方が強くね?っていう地球人よりサイヤ人の方が強いみたいな事実に気づくのが遅すぎた

トゲキッスの怯みゲーを回避しつつ、ポリゴン2を突破できて、エースバーンやゴリランダーにも対応できるような立ち回りが一欠片も思いつかず、選出段階で1、2体諦めながら戦ってたのがイマイチ楽しめなかったため、楽しめるようなパーティを思いつきたかった。

 

調子良かったシーズンの次は大体ダメという自分なりのジンクスがあるので、開き直ってポケモン楽しめるよう頑張りたいです。

 

あつぞこブーツというもちもの

f:id:winday77:20200713233457p:plain


今作から追加された厚底ブーツというアイテム。効果はステルスロックやまきびし、どくびし等の相手がフィールドに仕掛けたトラップのような技の効果を受けなくなるというもの。

サイコフィールドやグラスフィールドの恩恵はどうなるのか?と思ったが、ちゃんとグラスフィールドで回復していたので、そこはいいんだって思った印象。

このアイテムの長所と短所はわかりやすい

ステルスロックやどくびしの効果を受けない長所とステルスロックやどくびし等を撒かれなかったらただの持ち物無しのポケモンになるというのが短所

0か100かのようなアイテムである。

というより、相手にステルスロック等の技をされても常に0の状態を継続し続けるアイテム。

こんなピーキーなアイテムを使いこなすには、持ち物無し状態で充分足りる性能を持ち、ステルスロック等の搦め手によって崩されやすいポケモンが持ついいとされる。

最初はリザードンがステロ効かねえのか!ってなるかもしれないが、あいつがステロ効かなかったとしてもどうせ短期決戦を仕掛けるだろうから、ステロあくび展開を阻害するならば、どちらかといえばラムのみを持った方がいい。

なのでこのアイテムは長期戦を見越した時にステルスロックが致命傷となり得るポケモンと相性がいい。

持ち物無し状態で充分な性能がありつつ、ステルスロックさえなければ安定して長期戦を仕掛けられるポケモン

まあ、簡単に言えば俺がS7使ってたウインディのようなポケモンだが、そのほかにもクレベースやモスノウ、バルジーナなんかが相手が持っていた記憶があり、どれもうまくはまっていた。

持ち物でアドバンテージを取るのではなく、相手の搦め手でディスアドバンテージを取らない、簡単に言えばぬけがらハピナスのようなものである。

特にウインディを全世界の誰よりも使ってる俺から言うと、ウインディに一番後出しされるポケモンカバルドンである。

ゴリランダーやラプラスが手持ちにいてもガンガン出てくるあいつに簡単に展開されてしまうため、その対面を制するのではなく、引いてもディスアドを取られないことで気持ちに余裕ができ、役割対象を絞った想定通りの立ち回りができる。

ウインディ以外のポケモンにも言えることで、ステロにより崩されないという精神的安心感からカバルドンコータス等のステルスロック要因がいても強気にサイクル戦を仕掛けていけるというのはかなり大きなポイントになっている。

カバルドン絡みのパーティにはサイクル戦はしないくらいの気持ちでいないと正直ブーツ無しの耐久ウインディは使う気に一ミリもなれないくらいには信用置くようになってしまったので、プレイングに安定感を持たせたいサイクルパーティ好きな人には特にオススメなアイテムである。

S7使用構築/サイクルゴリラ無双/最終6位

こんにちはスズです

ついに念願の一桁順位を達成できてめちゃくちゃ嬉しいです!構築も過去1でウインディが大暴れで納得のいくものとなったので紹介していきます!

 

【構築経緯】

今まで処理に困っていた、アシレーヌラプラスロトムカバルドン等を一撃で葬れるグラスメイカーゴリランダーを使うことからスタート

グラススライダー一撃でヒヒダルマを倒せる点を高く評価し、ハチマキでの採用をする際、有利不利がはっきりするため、引き先を増やすサイクルパになった

相手のエースバーン、ゴリランダーのほか多くの物理アタッカーを止められる図太いウインディを採用し、この二体が基本選出となった。

特殊アタッカーの中でも数段秀でているトゲキッスに対して厚くするため、チョッキラプラスをシェルアーマーで採用

サイクルを崩せそうなポケモンが相手のパーティに複数いた場合、サイクル選出では手が回らなくなるため、上から制圧するルートの確保として、砂かきドリュウズとそのサポート、サイクル選出時でも使えるHDベースカバルドンとともに採用

最後にギャラドスに薄いため、耐久スカーフのドラパルトを採用して構築が完成した。

 

 

f:id:winday77:20200701094745j:image

 

f:id:winday77:20200101012838p:plain

ウインディ厚底ブーツ

いかく 図太い

204-*-204-4-20-76

191-*-138-121-103-125

かえんほうしゃ おにび あさのひざし りゅうのはどう

調整意図

HB-珠ギャラドスのダイストリームを威嚇入りで15/16耐え

HD-メガネドラパルトの流星群耐え

S-最速バンギラス抜き

ある程度のSを確保してアッキミミッキュを抜けるようにしつつ、エースバーンゴリランダーに仕事のできるHB図太い型

龍の波動はダイドラグーンのAダウンによりエースバーンにさらに強くするために採用

エースバーン、ゴリランダーを見たら9割型選出してたため、選出率は堂々の一位

持ち物の厚底ブーツだが、このポケモンに一番後出しが安定するポケモンカバルドンであり、ステルスロックによってサイクルの動きを躊躇されるのを嫌って持たせたが、発動機会こそ少ないものの、いざという時にこれより持たせてよかったと思ったアイテムは無い。

 

 

f:id:winday77:20200401093112p:plain

ドラパルト@こだわりスカーフ

ひかえめ すりぬけ

92-*-148-220-4-44

175-*-114-162-95-168

流星群 シャドーボール かえんほうしゃ 10万ボルト

HB-珠ギャラドスのダイジェット15/16耐え

ギャラドスに露骨に強いポケモンではなく、誘って刈り取るためのドラパルト

10万ボルト+ゴリランダーのハチマキグラススライダーで無振りダイマックスギャラドスは高乱数で倒せるため、よく来るギャラドスダイマックス無しで倒せてしまうというところがこいつを選出した際の魅力

 

f:id:winday77:20200101014146p:plain
カバルドン@オボンのみ

わんぱく すなおこし

244-0-36-0-228-0

214-132-157-×-121-67

じしん あくび ふきとばし ステルスロック

HD-ラプラスのキョダイセンリツ(絶対零度)15/16耐え

 

特にいうことはない 強い

 

f:id:winday77:20200701001534p:plain

ドリュウズ@弱点保険

意地っ張り すなかき

0-212-116-×-0-180

185-200-95-*-85-131

じしん アイアンヘッド ロックブラスト 剣の舞

調整はどこかしらからパクってきた弱点保険ドリュウズなので思い出したら元記事貼ります

この枠は変えようと思い続けていたが、なぜか増えたスピンロトムや、シンプルに重いパッチラゴンあたりのケアをすりため、仕方なく採用し続けた。刺さった時は意外と強かった。

 

f:id:winday77:20200701001455p:plain

ゴリランダー@こだわりハチマキ

意地っ張り グラスメイカ

124-204-4-*-52-124

191-188-111-*-97-121 

グラススライダー ウッドハンマー はたきおとす ばかぢから

HP16n-1

HDメガネアシレーヌムーンフォース耐え

 

今期最強ポケモン

グラススライダー2発をエースバーンが受からない点や、ウッドハンマートゲキッスが7割削れる点など、有利対面取ったら勝ちなんてこともあるほどのイカポケモン

有利対面ばかぢからをうつと、なぜかナットレイが死ぬ

 

f:id:winday77:20200401093306p:plain

ラプラス@突撃チョッキ

控えめ シェルアーマー

252-0-0-252-4-0

237-×-100-150-116-80

絶対零度 うたかたのアリア フリーズドライ かみなり

トゲキッスという最強ポケモンを後出しからなんとかできる数少ないポケモンだが、結局火力も無いため、ダイマックス読みで引いてくるかどうかなんかも択になってきて難しい

ただ、今回のサイクルの1つとして欠かせないコマだったし、ゴリラと犬の次に選出率が高かった

 

f:id:winday77:20200701153450j:image

f:id:winday77:20200701153457j:image

TN グラシアル 6位

      IchijoHana 36位

 

基本選出のゴリランダー+ウインディ+1がほとんどで、それ以外の時はほとんどカバドリでした

アーマーガア系の受けが少し苦しいと予想してたけど、戦ってみたらドラパルト+カバルドン+ドリュウズで意外となんとかなってました

夜1時、朝6時段階で2ロム1桁順位を確保しており、片方のロムが少し溶ける前までは本気で一位を狙いに行っていたほどに強い構築だったと思うので、ぜひ使ってみてください

スズチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCE0OiW3xnTxuKeCZ5fy5rCg

S7の動画

最終6位達成!!盤石ゴリラウインディサイクル!!【ポケモン剣盾】

https://youtu.be/ULKUawONUGs

 

最終6位の朝の戦い!先を読む攻めのサイクル戦【ポケモン剣盾】

https://youtu.be/a2YdoKqu324

YouTubeの方もよろしくお願いします!

 

 

 

たべのこしジュラルドンについて

S1最終日の1週間ほど前に、ドヒドイデ+アーマーガアのようなサイクルに強く、ミミッキュにも弱くないポケモンとして採用したみがわり残飯ジュラルドン。

そこからS4でキョダイラプラスが解禁されるまで使って、S6で調整を変えて再び使うこととなりました

実際ジュラルドンを使ったシーズンは

S1 33位 (2249)

S2 73位 (2163)

S3 150位(2090)

S6 18位(2158)

といったように、使ってないS4と5より明らかに結果が出てて自分に合ったポケモンだなと感じた。

S3は最終日朝に2ロム一桁順位があったり、battle rebolutionというオフで準優勝したりと、最終こそ溶かしたものの、一番手応えがあった。

実際これだけ自分が使ってうまいこといっていると、もう少し見てもいい型だとは思うが、あいにく自分以外でこのタイプのジュラルドンを使っている人を全然知らない。

まずはジュラルドンというポケモンの長所と短所を環境の変化とともに考えていく。

 

f:id:winday77:20200101012935p:plain

ジュラルドン@たべのこし

控えめ  特性ライトメタル

りゅうのはどう ラスターカノン  10万ボルト みがわり

s1〜3

252-0-100-156-0-0

177-×148-176-70-105

パッチラゴンの陽気珠地震14/16耐え

あまりC

S6

252-0-0-132-0-124

177-×135-172-70-121

S:アッキミミッキュ+3

あまりC

タイプ一致イカサマをA0ならみがわり確定耐え(俺自身は間に合わずにA8くらいの妥協個体)

 

一般的な意見としては高い火力と物理耐久、広い技範囲と型の読めなさが厄介なポケモン、デメリットは特防耐久が低すぎることと、微妙に足りていない素早さ

S1のころはアーマーガアとギャラドス、受け回しと珠ミミッキュ、そういったポケモンに強いジュラルドンを採用した瞬間に順位が爆上がりするくらいにはどんぴしゃポケモンだった。

襷もって電磁波、てっていこうせんあたりも警戒してトゲキッスが強気な行動することも少なく、またヌルアントのヌルもジュラルドンの不気味さから電磁波から入ってくることもよくあり、身代わりが残しやすかった。

ただTODが無かったため、じっくりPP枯らしに動かれると積み技のないジュラルドンはジリ貧になって負けてしまう。

そんな中S2では制限時間15分により、TODが可能となった。

それにより、アーマーガアはタラプでも時間使えば勝てるようになり、ドヒドアーマーガアを一任することもできるようになった。

ミミノラゴンというトリックルームを絡めた動きも増えたが、両方に強いこのポケモンにより、苦戦することはなかった。

S3のサザンガルド環境、ここらへんはジュラルドンに少し向かい風が吹いた

カビゴンはのろい型が多く、ギャラドスはダイアース持ちが多くてその他諸々ジュラルドンの役割対象がタダでは突破させてもらえなかった

S6ではカビゴンのほとんどの型があくび、ミミッキュは遅いアッキ持ちが増え、アーマーガアもよく見るようになった。

個人的に刺さってもいたが、逆に役割対象が想定外の技を持っていた瞬間に崩されやすい、そういったポケモンなことを実感させられた。

例としては、アムハンカビゴン地震ギャラドスれいとうビームドヒドイデなど

一線級のポケモンにしっかり強く、その一線級のポケモン達の多少の型の変化にも柔軟とはいかないものの、抗えるだけのスペックは持っている。

身代わりを残したとしてもすり抜けドラパルトのアイテムなしの流星群でやられてしまうことや、技構成的にドリュウズにスキを見せてしまう点などが使う人が少ない理由の1つと考えられる。

 

まとめると

有利

ギャラドス ミミッキュ カビゴン 物理ドラパルト ドヒドイデ アーマーガア ピクシー ウオノラゴン パッチラゴン等々

 

不利

ドリュウズ カバルドン 特殊ドラパルト サザンドラ ギルガルド等々

 

どっちつかず

トゲキッス ヒヒダルマ

 

とまあこういった有利な時は身代わりを残して突破できるくらいとことん有利で、不利な時はほぼ何もさせてもらえず葬られるといった両極端なポケモンだが、それくらいはっきりしていた方が、選出で役割持たせやすく、引き先を明確に用意しやすくて立ち回りが安定すると感じた。

使う上でのとりあえず出しておけば仕事をするカビゴンやドラパルト、ミミッキュと違ってかなり場を選ぶポケモンではあるけれども、整えてしまえば簡単に詰ませられる、そんなポケモンなので使ってみてください。